安全祈願祭

[更新日]: 2016年05月30日

安全祈願祭

安全祈願祭

恒例の「安全祈願祭」が平成28年1月14日(木曜日)にアピオ甲府にて三部構成で執り行われました。

日 時:平成28年1月14日(木)
場 所:アピオ甲府
第一部:安全祈願祭
第二部:式典・講演会
第三部:賀詞交歓会


第一部の安全祈願祭はタワー館13階「神殿」にて、山梨県県土整備部営繕課長 笠井英俊様、技術指導監 渡邉努様、課長補佐 星野臣司様、山梨県総務部防災危機管理課消防保安室長 小澤浩様、室長補佐 渡邉国博様のご臨席を賜り、小澤理事の司会により、稲積神社宮司様によるご祈願に続き、当協会会長 柏木忠邦、県営繕課長 笠井英俊様、防災危機管理課消防保安室長 小澤浩様より玉串奉奠を行って頂き、ご来賓の皆様方、及び当協会員の工事の安全と繁栄、併せて本会の一層の躍進を図る一年のご祈願を行いました。

第二部は本館3階「孔雀の間」に会場を移し、式典を行いました。初めに当協会 柏木会長より新年の挨拶があり、その中で「建設工事の免震ゴム、基礎杭工事、落橋防止装置の欠陥が話題となっているが、当協会員においてはISOの品質方針・経営方針を再度確認してほしい」とのお話がありました。 その後、ご来賓を代表して県営繕課長 笠井英俊様よりご祝辞を頂き、今後の事業発注予定、発注方法等のお話をお伺いしました。
引き続き、公益財団法人 やまなし産業支援機構 新産業創造部 部長 清水義富様を講師に招き、新春講演会に移りました。 講演は「公的市場への民間参入の動きと対応策」というテーマで行われ、公共事業の発注方法が大きく変わっていくという、会員の皆様にとって今後の営業展開に重要な内容であり、大変有意義な講演を聴くことができました。

第三部の賀詞交歓会は本館3階「富士の間」にて開催いたしました。
会長の挨拶に続き、ご来賓の方々を代表して一般社団法人 山梨県建設産業団体連合会会長 浅野正一様よりご祝辞を頂き、東日本建設業保証株式会社 支店長 江戸昌平様の乾杯の音頭で賀詞交歓会が始まりました。その後の賀詞交歓会では和やかな雰囲気の中、各協会員の交流を深めることができました。会の最後に山梨県電設資材卸業協同組合 理事長 秋山仁博様の音頭による手締めで「平成28年 安全祈願祭」を無事終えることができました。

終わりに、企画運営・渉外事業部会では、会員相互の親睦・理解を深めるため交流事業等を開催してまいりますので会員皆様のご理解、ご協力をお願いします。

ページの先頭へ